大阪・京阪古川橋の縮毛矯正専門 美容室 dejavu(デジャブ)

 

(本日のシャンプーはご遠慮下さい。明日は大丈夫ですよ)

まず、シャワーを使って地肌の汚れを落とします。
いきなり「シャンプー」を付けるのはよしてください。  
30秒程度地肌と髪をしっかり濡らしてください。

次にシャンプーを1~3プッシュして軽く手で泡立てます。
 1.頭頂部 2.両側頭部 3.後頭部 4.生え際のポイントに軽く泡立てたシャンプーを乗せていきます。両手でしっかり地肌を洗います。この時泡が少ないと摩擦で髪に負担が掛かります。キューティクルを剥離したりダメージの原因になりますので□しっかり泡立てて「地肌」を洗ってください。シャンプーは地肌です。

トリートメントをしていきます。適量を「髪」に付けます。シャンプーは地肌、トリートメントは髪にです。シャンプー後、トリートメントを行いますが粗歯のコームをいつも用意しておくと便利です。トリートメントを500円玉程度多くとり、手のひらによく広げます。毛先に揉み込み、毛先から少しずつコームまたはブラシでときます。絡まないように注意してください。
*地肌専用のトリートメントがあります。お間違いのないように!
*毎日使うと重くなってしょうがない商品もあります(ねちょねちょします)
3日に一度使用するタイプもあります。購入時にご確認下さい。
痛んでるからって毎日使っても無駄です。

すぐ流してもいいです。付けた後□タオルで巻いて時間を置いても良いでしょう。コンデショナーはおかずに流しても良いです。流す前にもう一度、コーム又はブラシを「通してください」

よく流します。場合によっては「リンス」をする方もいます。

しっかりタオルで拭きあげます。ごしごししないでね□タオルで「ぽん、ぽん」って叩くように水気を取ってください。乾かす前に「十六油」を500円玉大くらいの量をとって髪全体にのばします。手に残ってもベタベタしません。手の甲までのばしても構いません。しっとりしますよ

乾かします。乾かす前にもう1度コーム又はブラシを優しく使用願います。
ドライヤーの風向きは上から下へ。・冷風を交互に使ってください。温風だけを一カ所にあてると「傷み」の原因になります。温風・冷風交互にしたほうが乾きが早いです。
2ヵ月経つと地肌付近が浮いたようになりますその時は上からブラシでとかしつけて下さい。

 

PAGE

1 / 11